Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブフィルタリング製品に新版、クラウドサービスも- キヤノンMJ

キヤノンマーケティングジャパンは、ウェブフィルタリング製品の新版「GUARDIANWALL WebFilter Ver 1.4」および、同製品を活用したクラウドサービスを5月8日より提供開始する。

「GUARDIANWALL WebFilter Ver 1.4」は、URLフィルタリングにくわえ、キーワードを含んだ通信を制限するオンプレミスのウェブフィルタリングソリューション。

新版では、言語解析技術により運転免許証番号や住民票コードなど、個人情報を含む通信の制限が可能。新元号「令和」にも対応している。

また一定の負荷がかかっている状況において、前バージョンと比較し、SSLデコード処理で約2倍、テキストの抽出による検査を約10倍に高速化させた。価格は、25ユーザーで年額16万2000円から。

また同製品をクラウドサービスとして「Security Gate for Proxy」として提供する。料金は、251から750ユーザーで利用した場合、月額32万4000円から。初期費用が別途必要。

(Security NEXT - 2019/04/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

アップデートでルータにセキュリティ機能を追加 - アライドテレシス
5GやLTEにも適用できるフィルタリングサービス - ドコモ
クラウド型セキュアウェブゲートウェイを機能強化 - ALSI
カスペがiOS向けにセキュアプリ - フィルタリングや情報流出の確認機能
「Azure Defender for IoT」のリモート監視サービスを提供 - 東芝ITサービス
ゲーマー向け「ノートン」が発売 - ゲーム用にCPU処理能力を確保する新機能
サイバー攻撃可視化プラットフォーム「NIRVANA改」がIPv6対応
ヤマハ、SMB向けUTMを発売 - 遠隔サポートで設定変更やログ確認なども対応
フィッシング詐欺やスパイウェアに対応 - Norton最新シリーズ
ライムライト、CDNサービスによるコンテンツ保護サービスに新機能