Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティ情報共有のポイントを整理した資料に改訂版 - ISOG-J

日本セキュリティオペレーション事業者協議会(ISOG-J)と日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)は、「セキュリティ対応組織(SOC、CSIRT)強化に向けたサイバーセキュリティ情報共有の5W1H」の第2版を公開した。

同資料は、サイバーセキュリティに関する情報共有を行う際の基本的な考え方を示したもの。情報の内容や共有の目的、タイミング、共有する場所、方法などを整理している。

同資料では、JPCERTコーディネーションセンターの早期警戒情報や、情報処理推進機構(IPA)の「J-CSIP」など、情報を共有できる環境が整備される一方、情報発信そのものの不足や共有された情報を活かしきれていない課題があると指摘。

こうした課題の背景には、発信側と受信側における情報共有の「5W1H」が整理されていないとし、脆弱性情報や攻撃関連情報などの共有における「5W1H」を切り口にポイントを解説した。

(Security NEXT - 2019/04/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュリティ分野の総務大臣奨励賞、登大遊氏ら受賞
2020年4Qの標的型攻撃メールは16件 - 目的不明のバラマキ不審メールも
フィッシング対策で行政機関へ意見 - 消費者委
政府、サイバーセキュリティ協議会の第4期構成員を募集
2020年3Qの標的型攻撃メールは9件 - 不審メールの情報提供は15倍、大半「Emotet」
2020年上半期の標的型攻撃は3978件、前年同期の約1.5倍に - 警察庁まとめ
「IoT・5Gセキュリティ総合対策2020を策定」 - 総務省
標的型攻撃のレスキュー支援、2019年度は139件
最新のセキュリティ対策製品を導入しても約5%がウイルス感染 - カスペルスキーが情報共有の重要性を指摘
会員13万人以上の低価格DDoS攻撃サービスが検挙 - 1カ月約2000円、攻撃は400万回以上