Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「J SPORTS」で不具合 - 本人以外の個人情報閲覧や操作が可能に

スポーツ専門のテレビチャンネル「J SPORTS」のオンデマンドサイトにおいて不具合があり、顧客情報の誤表示や、本人以外による商品の購入、解約などが発生した。

同サイトを運営するジェイ・スポーツによれば、3月27日5時半から28日正午ごろにかけて不具合が発生したもの。キャッシュ処理の不具合が原因で、同じ時間帯に同サイトへログインした複数顧客においてセッションの重複が生じた。

同問題により、氏名や視聴履歴、購入商品、クレジットカード番号の下4桁および有効期限などが、本人以外の別の顧客から閲覧できる状態となった。さらに商品の購入や解約処理など行った場合、本人とは異なる顧客として処理されたおそれがある。

対象となる時間帯には、2425件のログインがあり、125件の商品購入や、112件の解約処理が行われたが、影響を受けた利用者の特定は困難だという。

(Security NEXT - 2019/04/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ツール設定ミスで採用関連の個人情報を誤公開 - ソフト開発会社
メール送信ミスで関係者メアドが流出 - INPIT
SMBC信託銀のクラウド設定ミス、暗号化暗証番号が平文で閲覧も
ネットスーパーで無関係の顧客情報が表示される不具合 - ヤオコー
案内メールで送信ミス、顧客メアド流出 - パソコンリサイクル業者
キャンペーン応募者の個人情報が閲覧可能に - 人材派遣会社
畜産生産者支援サイトで個人情報が流出 - キャッシュ機能追加に起因
フィッシング被害者などで不正取引が発生 - レイクALSA
SMBCグループ2社、クラウド設定不備で顧客情報に外部アクセス - バグで対象者特定できず
顧客宛のキャンペーン案内メールを「CC」送信 - MGT