Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「J SPORTS」で不具合 - 本人以外の個人情報閲覧や操作が可能に

スポーツ専門のテレビチャンネル「J SPORTS」のオンデマンドサイトにおいて不具合があり、顧客情報の誤表示や、本人以外による商品の購入、解約などが発生した。

同サイトを運営するジェイ・スポーツによれば、3月27日5時半から28日正午ごろにかけて不具合が発生したもの。キャッシュ処理の不具合が原因で、同じ時間帯に同サイトへログインした複数顧客においてセッションの重複が生じた。

同問題により、氏名や視聴履歴、購入商品、クレジットカード番号の下4桁および有効期限などが、本人以外の別の顧客から閲覧できる状態となった。さらに商品の購入や解約処理など行った場合、本人とは異なる顧客として処理されたおそれがある。

対象となる時間帯には、2425件のログインがあり、125件の商品購入や、112件の解約処理が行われたが、影響を受けた利用者の特定は困難だという。

(Security NEXT - 2019/04/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

LINEギフトの誕生日公開、ヘルプ記載と異なる仕様
講座マッチングサービスで不具合、メアドを誤表示
チケットセンターで他会員の個人情報を誤表示 - CBCテレビ
偽警告で端末乗っ取り被害、被験者情報流出か - 国立がんセンター
ファンクラブ会員のメアド流出 - 鹿児島レブナイズ
退職予定者の氏名が流出、Googleフォーム設定ミスで - 鳥取県
野球教室応募者の個人情報が閲覧可能に - ホークスのNPO法人
「Emotet」に感染、「なりすましメール」が複数送信 - 紀伊國屋書店
特別給付金申請書に別世帯の個人情報 - 豊田市
「Emotet」感染でなりすましメールが送信される、情報流出も - テスコム