Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「J SPORTS」で不具合 - 本人以外の個人情報閲覧や操作が可能に

スポーツ専門のテレビチャンネル「J SPORTS」のオンデマンドサイトにおいて不具合があり、顧客情報の誤表示や、本人以外による商品の購入、解約などが発生した。

同サイトを運営するジェイ・スポーツによれば、3月27日5時半から28日正午ごろにかけて不具合が発生したもの。キャッシュ処理の不具合が原因で、同じ時間帯に同サイトへログインした複数顧客においてセッションの重複が生じた。

同問題により、氏名や視聴履歴、購入商品、クレジットカード番号の下4桁および有効期限などが、本人以外の別の顧客から閲覧できる状態となった。さらに商品の購入や解約処理など行った場合、本人とは異なる顧客として処理されたおそれがある。

対象となる時間帯には、2425件のログインがあり、125件の商品購入や、112件の解約処理が行われたが、影響を受けた利用者の特定は困難だという。

(Security NEXT - 2019/04/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

指定管理者がファイルを取り違え、個人情報を誤掲載 - 熊本市
個人情報入力するフォームで設定ミス、謝罪時に誤送信も - 岐薬大
事業申込用のフォームで設定ミスが発生 - 川崎市社会福祉協議会
イベント応募フォームで設定ミス、個人情報が閲覧可能に - 松竹
児童相談所などが支援児童の住所を秘匿対象者に漏洩 - 横浜市
アプリに個人情報が表示、システム不具合で - 愛知県内CATV局
子ども預かり支援サイトで設定ミス、非公開の氏名が閲覧可能に - 横浜市
複数フォームで設定ミス、入力情報が閲覧できる状態に - Acompany
「サポート詐欺」で1000万円の被害 - ネット銀を遠隔操作
委託先がサポート詐欺被害、個人情報流出のおそれも - 焼津市