Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

無線化が進む製造現場向けのセキュリティ導入ガイド - NICT

情報通信研究機構(NICT)は、無線通信システムの導入が進む製造現場向けのセキュリティ導入ガイドを発行した。4月1日よりダウンロードできる。

同ガイドは、無線通信が導入されている製造現場で働く人が、現場で注意すべきセキュリティの課題と対策についてまとめたもの。無線通信技術の基礎評価と検証を行うための共同実験プロジェクト「Flexible Factory Project」の参加企業7社が作成した。

IoTセキュリティに関連して参考にすべきフレームワークを紹介したほか、工場をモデルケースとして、自動車組立工場のセキュリティリスクや守るべき資産、推定される脅威を説明した。

また、セキュリティ技術に詳しくなくても、気を付けるべきポイントについて理解しやすくするため、おもなセキュリティ対策を「暗号化」「認証」「ソフトウェア導入」「ログ収集、異常検知」「見える化」に分類。各カテゴリで満たすべき機能を記載している。

20190327_ni_001.jpg
現場レベルで導入できるおもなセキュリティ対策を5種類のカテゴリにまとめた(表:NICT)

(Security NEXT - 2019/03/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

警察庁、2021年上半期に61件のランサム被害把握 - 目立つVPN経由の感染
問い合わせ管理システムに不正アクセス、個人情報最大10万件が流出か - 白崎コーポレーション
新商品案内でメールアドレスが流出 - マスクメーカー
従業員メルアカが乗っ取り被害、訓練効果で早期に把握 - EIZO
ニップンが基幹アプリ障害で決算発表延期、マルウェア感染か - 子会社も影響
サイト改ざんでフィッシングページ設置 - 日本信号子会社
サイトで他会員情報を誤表示、削除依頼メールで誤送信も - 洋菓子通販店
子会社で患者リストをファイルケースごと紛失 - フクダ電子
サーバや端末など25台でランサム被害 - 摂津金属工業
不正アクセスでサーバがランサム被害 - イトーヨーギョー