Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Facebook、パスワード数億人分を社内保管 - 外部公開や悪用は確認されず

Facebookは、一部利用者のパスワードが社内において読み取り可能な状態で保管されていたことを明らかにした。対象者には通知するという。

1月にセキュリティ調査を実施し、社内のストレージシステムにおいて読み取り可能な状態でパスワードが保存されていることが判明したことから、事態を公表したもの。

問題のデータには、接続性が低い地域で利用されている「Facebook Lite」の利用者数億人分に関するデータのほか、「Facebook」が数千万人分、「Instagram」についても数万人分のデータが含まれると見られる。同社では対象者に事態を通知する方針だ。

同社は問題のデータについて、外部からはアクセスできない場所に保存されていたと説明。内部においても、悪用やアクセスされた形跡は見つかっていないとしている。

また外部での公開も確認されていないとしているが、同社は利用者に対してパスワードの変更方法や、2要素認証の利用方法などを案内している。

(Security NEXT - 2019/03/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

委託した解析用データに一部会員の「パスワード」 - アプラス
医師のクラウドアカウントに不正アクセス - 愛知県がんセンター
コロナ患者情報を誤送信、転用した過去メールの宛先に - 西宮市保健所
委託先が名簿を不正にクラウド共有、メール誤送信で発覚 - 厚労省
ドール通販サイトから顧客情報が流出 - 脅迫メールで判明
eコマース事業者向け情報サイトでアカウント情報が流出 - 原因は調査中
健診データ送付時に他事業所データを混入 - 報道健保
富士通のプロジェクト情報共有ツール、129組織で情報流出
利用者や獣医師の個人情報が流出、パスワードも - 犬猫寄生虫情報サイト
患者情報含む医師個人のクラウドアカウントが乗っ取り被害 - 岡大病院