Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NEC、顔認証によるキャッシュレス決済の実証実験を開始

NECは、クレジットカードと連動した顔認証決済サービスの実証実験を、同社の福利厚生施設において4月19日まで実施する。

同実証実験は、同社の顔認証エンジン「NeoFace」を活用。同社グループ社員を対象にキャッシュレス決済サービスを提供するもの。

利用者の顔を事前に撮影、登録し、システム上でクレジットカード情報と紐付け。支払い時、レジカウンターに設置したカメラで撮影した顔画像と、事前に登録した顔画像を照合して本人であるか認証し、クレジットカードによる決済を行う。利用者はクレジットカードの提示も不要だとしている。

同社では、同実証実験の成果を生かし、従来から提供している決済ソリューション「マルチサービスゲートウェイ」のオプション機能として、顔認証決済サービスを2019年内に提供開始する予定としている。

(Security NEXT - 2019/03/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

eKYC時の顔データを用いて本人認証する新サービス - Liquid
米Transmit SecurityのPWレス認証製品を国内展開 - ラック
クラウド設定不備による情報漏洩対策で協業 - KCCSとラック
顔認証入退管理システムに新モデル - マルチテナント対応を強化
PC認証システムにマスク着用にも対応した顔認証機能 - CEC
顔認証によるショルダーハッキング対策製品、マスク着用に対応
BSIグループとイエラエセキュリティ、デジタルフォレンジック分野で協業
JIPDEC、JCAN証明書発行事業をGMOグローバルサインに譲渡
脅威情報を活用してC&C通信を検知するSaaS型サービス
SSOやID管理を実現するクラウド認証基盤サービス - オプティム