Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

シンガポール医療機関の大規模情報漏洩、関与グループが判明

シンガポールで、サイバー攻撃により医療機関から約150万人分の患者情報が窃取される事件が2018年7月に発生したが、Symantecは、シンガポール国内の組織を狙う攻撃グループによる犯行だったことを明らかにした。

問題の事件は、医療機関「SingHealth」が不正アクセスを受け、2015年5月から2018年7月にかけて診療を受けた患者に関する個人情報約150万件が流出したもの。

氏名や生年月日、住所、電話番号、人種のほか、約16万人に関しては調剤情報なども含まれる。

事件を受けて、シンガポールの保健省は、Lee Hsien Loong首相の情報などを標的とした計画的なサイバー攻撃であるとの見方を示していた。

(Security NEXT - 2019/03/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュリティ分野の総務大臣奨励賞、2名2団体を選出
警察庁、サイバー被害のオンライン通報窓口を設置 - 相談なども対応
初期侵入から平均62分で横展開を開始 - わずか2分のケースも
個情委、「LINE」情報漏洩でLINEヤフーに勧告 - 「ヤフオク!」に関する指導も
サイバー攻撃で狙われ、悪用される「正規アカウント」
JPCERT/CCが攻撃相談窓口を開設 - ベンダー可、セカンドオピニオンも
先週注目された記事(2024年3月17日〜2024年3月23日)
J-CSIP、2023年4Qは脅威情報15件を共有 - 巧妙なフィッシングの報告も
総務省、LINEヤフーに行政指導 - 「電気通信事業全体の信頼を損なった」
ランサムウェア「ALPHV」、医療分野中心に被害拡大