Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2018年の不正送金被害は大幅減 - 法人で1割以下に

2018年のオンラインバンキングにおける不正送金被害は、前年から半減した。特に法人における減少が目立っている。

警察庁によれば、2018年のオンラインバンキングにおける不正送金の発生件数は、前年比103件減となる322件。

年間を通じた被害額は4億6100万円で、2017年の10億8100万円から半減した。2015年の30億7300万円と比べると6分の1以下の水準となる。

2月以降に増加が見られ、6月に1億円を超える被害が発生したものの、以降は低い件数で推移。

上半期に3億7300万円と被害が集中する一方、下半期は8800万円となり、4分の1以下へと縮小した。

20190311_np_003.jpg
オンラインバンキングにおける不正送金の被害額推移(グラフ:警察庁)

(Security NEXT - 2019/03/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ネットバンク利用者3割強が2要素認証を利用 - MMD調査
警察庁、キャッシュレス決済サービスの不正出金で注意喚起 - 便乗詐欺にも警戒を
8割超のユーザーがパスワードを使い回し - 「忘れてしまう」「面倒」
ネット利用者半数超、パスワード文字数「8文字以下で安全」
不正送金、前四半期の3分の1に - 被害額は7分の1以下
国内モバイル端末狙う攻撃が活発化 - 背景に「Roaming Mantis」
不正送金マルウェア - 企業狙いへシフトか
不正アクセス禁止法違反による年間検挙は816件 - 前年比1.4倍
ネットバンクの不正送金被害が激増 - 前年同期の約40倍に
IPAが「10大脅威2020」を発表 - 「内部不正」「IT基盤の障害」など順位上昇