Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2018年の不正送金被害は大幅減 - 法人で1割以下に

20190311_np_001.jpg
被害額の推移と内訳(グラフ:警察庁)

口座開設者別に見ると、個人における被害が4億400万円。前年の4億9700万円から減少した。

一方法人の被害は5700万円で、前年の5億8400万から1割以下へと大幅に改善している。

2017年は法人での被害が個人を上回っていたが、2018年は逆転。個人における被害が全体の87.6%を占めた。

2017年は113の金融機関で被害が確認されたが、2018年は78に減少。

被害額で見ると、「都市銀行」が2億3400万円で全体の50.7%を占め、1億7600万円の「地方銀行」が次いで多い。「信金、信組」が2900万円(6.2%)、「農協、労金」が2300万円(5.1%)と続く。

(Security NEXT - 2019/03/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

フィッシングサイトの半数がクレカ事業者を偽装 - 銀行装うケース大きく縮小
2021年の不正アクセス認知は1516件 - 前年から約46%減
「情報セキュリティ10大脅威 2022」の組織編含む解説書が公開
不正送金マルウェアの検知数が大きく減少
IPA、「情報セキュリティ10大脅威 2022」の個人編解説書を公開
2021年のサイバー犯罪検挙数は1万2275件 - 前年比25%増
IPA、「情報セキュリティ10大脅威 2022」を発表 - 「ゼロデイ攻撃」が新規ランクイン
2021年3Qのネットバンク不正送金件数、前四半期の3倍超に
2021年2Qの不正送金 - 件数大幅減となるも被害額は微増
2021年上半期のサイバー犯罪検挙は5345件 - 高水準で推移