Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NEC、社内SE向けにセキュリティ演習拠点を新設 - 仮想マシン130台が稼働

NECは、企業のシステムを模擬的に再現した常設の演習拠点「NECサイバーセキュリティ訓練場」を新設した。同社において、2020年までにセキュリティ設計や実装に精通した約2500人のシステムエンジニアを育成したいとしている。

同拠点は、同社グループにおけるセキュリティ人材の育成を目的とした演習施設。リスクアセスメントやセキュリティ設計などの基礎研修を事前に受講したグループ社員を対象に、企業システムを想定した専用の仮想環境上で、実践的なセキュリティ対策の訓練を行う。

ECサイトやプロキシ、WAF、DNSなど130台の仮想マシンが稼働する企業システムの模擬環境を用意。受講者はシステム構成を分析して脆弱性を洗い出したうえで、システム全体を堅牢化し、運用の是正を提案する。

運営側は、受講者が堅牢化したシステムに対してサイバー攻撃を実施。受講者は堅牢化が適切だったか確認するとともに、被害状況の把握やCSIRTとの連携など、サイバー攻撃の初動対応を体験できるという。

(Security NEXT - 2019/03/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

登録セキスペ向け「特定講習」の受講受付を開始 - NICT
フィッシングメールを演習用ひな形に変換する新機能 - KnowBe4
サイバー防御演習「CYDER」の受講受付を開始 - 新コースも
防御演習「CYDERオンライン」ベータ版受講者を募集 - NICT
米政府、サイバー攻撃など理由にロシアへ制裁 - SolarWinds侵害も正式に認定
ウェブエンジニア向けにeラーニングサービス「KENRO」
システム堅牢化やCTFなど人材育成演習サービスを拡充 - NEC
セキュリティ分野の総務大臣奨励賞、登大遊氏ら受賞
インシデント対応学ぶ演習サービス - クラウドに模擬環境
クラウドのリスク可視化やセキュ対策支援のコンサルサービス