Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、サイトのセキュリティ対策20カ条を解説 - CLも公開

情報処理推進機構(IPA)は、「安全なウェブサイトの運用管理に向けての20ヶ条 ~セキュリティ対策のチェックポイント~」を公開した。

ウェブサイトを安全に運用、管理するために実施すべきセキュリティ対策を、「ウェブアプリケーション」「ウェブアプリケーションが稼働しているウェブサーバ」「ウェブサーバが設置されているネットワーク」「その他」の4つに分類。あわせて20項目に集約した。

ウェブアプリケーションでは、脆弱性対策や通信内容の暗号化、不正ログイン対策、ログの定期的な確認などのほか、意図せずファイルやページを公開していないか、不要なエラーメッセージを返していないかなど、ポイントとして盛り込んだ。

ウェブサーバでは、OSやサーバソフト、ミドルウェアの脆弱性対策や、ログの定期的な確認、適切なパスワード管理、ファイルやディレクトリへの適切なアクセス制御などを挙げた。さらに不要なサービスやアプリケーションの稼働や、不要なアカウントが存在しないか確認するよう求めている。

20190306_ip_001.jpg
ウェブサイトにおけるセキュリティ対策のチェックポイント(画像:IPA)

(Security NEXT - 2019/03/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ラネクシーの一部製品サイトが改ざん - 海外サイトに誘導
不正アクセスで食堂車予約客などの個人情報が流出した可能性 - 明知鉄道
たち吉の陶磁器通販サイトでクレカ情報流出の可能性
横浜「ジョイナス」のサイトが改ざん - 外部サイトへ誘導
利用者や獣医師の個人情報が流出、パスワードも - 犬猫寄生虫情報サイト
東京商工会議所、会員向けセキュ対策でコンソーシアムを発足
クラウド型セキュアウェブゲートウェイを機能強化 - ALSI
サイト改ざんでフィッシングページ設置 - 日本信号子会社
顧客アカウント情報が外部流出、SQLi攻撃で - 日本ケミカルデータベース
革製品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性