Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国内家庭用ルータの6割弱にセキュリティ上の問題

国内における家庭用ルータの6割弱に認証や脆弱性といったセキュリティ上の問題があるとの調査結果をAvastが公表した。

ホームネットワークにおいて脆弱性を検出する「Avast Wi-Fi Inspector」を利用し、ユーザーによるスキャン結果を取りまとめたもの。

グローバル全体で1600万回線、デバイス5600万台を対象に調査を行っており、国内の23万回線が含まれる。あわせて1100万台のルータに対してもスキャンを実施したという。

同調査によると、国内においてパスワードなどの認証情報が脆弱だったり、ソフトウェアやファームウェアに脆弱性が存在するなど、29%の世帯において1台以上の脆弱な状態にあるIoTデバイスを保有していた。世界平均の41%を12ポイント下回る。

(Security NEXT - 2019/02/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「情報セキュリティ白書2022」の無料PDF版を公開 - IPA
IoTセキュリティがテーマのワークショップをハイブリッドで開催 - TCG
セキュリティ対策に貢献した研究者や実務者に感謝状 - JPCERT/CC
メタバース空間のセキュリティ指針を検討 - メタバース推進協議会ら
「ICTサイバーセキュリティ総合対策2022」の策定に向け意見募集 - 総務省
6月に「IoTセキュリティシンポジウム2022」を開催 - CCDS
法人向けIoT機器の悪用によるサイバー攻撃防止を啓蒙するサイトを公開 - ICT-ISAC
政府、大型連休における対策徹底呼びかけ
テレワーク施設のセキュ対策まとめたガイドライン - 事例やチェック表も
対ウクライナDDoS攻撃の余波を観測 - JPCERT/CC