Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国内家庭用ルータの6割弱にセキュリティ上の問題

国内における家庭用ルータの6割弱に認証や脆弱性といったセキュリティ上の問題があるとの調査結果をAvastが公表した。

ホームネットワークにおいて脆弱性を検出する「Avast Wi-Fi Inspector」を利用し、ユーザーによるスキャン結果を取りまとめたもの。

グローバル全体で1600万回線、デバイス5600万台を対象に調査を行っており、国内の23万回線が含まれる。あわせて1100万台のルータに対してもスキャンを実施したという。

同調査によると、国内においてパスワードなどの認証情報が脆弱だったり、ソフトウェアやファームウェアに脆弱性が存在するなど、29%の世帯において1台以上の脆弱な状態にあるIoTデバイスを保有していた。世界平均の41%を12ポイント下回る。

(Security NEXT - 2019/02/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

消費者の9割弱、商品サービス選択時に提供企業のプライバシー取組を考慮
IoT機器の脅威管理技術で共同研究 - ラックと長崎県立大
IPA、「情報セキュリティ白書2021」を発行 - 無料PDF版も提供予定
「スマートシティセキュリティガイドライン」1年待たず改定
2021年1Qのダークネット宛パケット、前月から約1割減
IoTマルウェアの検体情報など研究者にデータを無償提供 - 横国大
JSSECとSIOTP、6月にオンラインフォーラムを開催
約3分の1の企業がIoTやOTでセキュリティ事故を経験
機器出荷前のセキュ検証を効果的に行うための手引き - 経産省
Interop Tokyo、セキュリティ部門で4製品がアワードを受賞