Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

音声SIM入手のためにフィッシングで得た個人情報を利用か - NifMoが対策

ニフティは、同社が運営するMVNOサービス「NifMo」において、SIMカードの不正契約を防止するため、音声通話対応SIMカードの申し込みを電話のみに限定する。

同社によれば、フィッシング詐欺などで不正に取得した個人情報を使い、MVNOサービスにおいてSIMカードを契約する不正利用が多発しているという。

同社は対策として、NifMoにおいてウェブ経由での音声通話対応SIMカードの申し込みを停止。電話受付のみに変更した。

SMSを含むデータ通信のみ対応するSIMカードや機種変更、端末と同時の申し込みなどについては、引き続きウェブ経由でも受け付けるという。

(Security NEXT - 2019/02/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因
資金決済業者連携におけるクレカの不正防止対策GL - 日クレ協
小規模サイト、約1割「一切脆弱性対策せず」 - 対策不備で2割が被害経験
決済代行業者やコード決済事業者もPC IDSS準拠必須に
2020年4Qのクレカ不正利用被害は72.5億円 - 前期比22.7%増
4社に3社が直近1年にインシデントを経験 - JIPDEC調査
ウイルス届け出、前年比73.4%増 - 「Emotet」など被害も
顧客情報流出でサクソバンク証券をけん責処分 - 日証協
政府、ISP経由で国内Emotet感染者に注意喚起
33%がPWを使い回し、52%は似たPWを再利用 - F-Secure調査