Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

音声SIM入手のためにフィッシングで得た個人情報を利用か - NifMoが対策

ニフティは、同社が運営するMVNOサービス「NifMo」において、SIMカードの不正契約を防止するため、音声通話対応SIMカードの申し込みを電話のみに限定する。

同社によれば、フィッシング詐欺などで不正に取得した個人情報を使い、MVNOサービスにおいてSIMカードを契約する不正利用が多発しているという。

同社は対策として、NifMoにおいてウェブ経由での音声通話対応SIMカードの申し込みを停止。電話受付のみに変更した。

SMSを含むデータ通信のみ対応するSIMカードや機種変更、端末と同時の申し込みなどについては、引き続きウェブ経由でも受け付けるという。

(Security NEXT - 2019/02/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

スマホ利用者2割がセキュリティに不安 - MMD調査
テレワーク実施、2021年は2020年に比べて微減 - MMD研究所調べ
インド太平洋地域における制御システムのセキュリティ向上を支援 - 日米欧が連携
中小企業の個人情報安全管理コスト、年10万未満が6割強
2021年2Qの不正送金 - 件数大幅減となるも被害額は微増
セキュリティ関連の相談、前四半期比44.6%減
Androidアプリセキュアコーディングガイドの新版公開 - JSSEC
2020年度のPマーク事業者による個人情報関連事故は2644件
コロナ禍で進む大学のデジタル化 - 4割強でトラブルを経験
攻撃者狙う脆弱な「VPN」、導入や堅牢化のガイダンスを米政府が公開