Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「runc」に脆弱性、コンテナからホスト管理者権限でコード実行されるおそれ

「Docker」や「Kubernetes」「cri-o」など、多くのソフトウェアで採用されているコンテナのランタイム「runc」に脆弱性が含まれていることがわかった。2月18日にエクスプロイトコードの公開が予定されている。また「LXC」など、類似したソフトウェアも注意が必要だ。

ファイル記述子の処理に起因する脆弱性「CVE-2019-5736」が明らかとなったもの。セキュリティ研究者のAdam Iwaniuk氏とBorys Popławski氏が報告した。

「runc」の保守を担当し、今回の脆弱性についてアナウンスしたSUSE LinuxのエンジニアであるAleksa Sarai氏によると、細工したコンテナを通じて「runc」のバイナリを上書きすることが可能で、ホストするシステムのroot権限でコードの実行が可能になるという。

「moby-engineパッケージ」を利用した「Fedora」の場合、デフォルトで設定されている「AppArmor」や「SELinux」のポリシーでは、脆弱性を緩和できないと同氏は指摘。ただし、コンテナのユーザー名前空間にrootをマッピングせず、ユーザー名前空間を正しく使用していれば、影響を受けないとしている。

(Security NEXT - 2019/02/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Drupal」にXSS脆弱性、早急にアップデート実施を
「Pulse Connect Secure」のゼロデイ攻撃に中国支援組織が関与か - FireEye指摘
「Pulse Connect Secure」脆弱性で国内法人もアナウンス
法人向けトレンドマイクロ製品の既知脆弱性を狙った攻撃が発生
Oracle、四半期定例パッチをリリース - のべ390件の脆弱性を修正
ランサムウェア「Cring」、脆弱VPN機器を標的 - 制御システムが停止する被害も
VPN製品「Pulse Connect Secure」にゼロデイ攻撃 - アップデートは5月上旬
「Chrome 90.0.4430.85」が公開、複数脆弱性を修正 - すでに悪用コードも
「SonicWall Email Security」にゼロデイ攻撃 - 修正プログラムがリリース
米政府、「Pulse Connect Secure」のゼロデイ脆弱性対応で緊急指令