Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Exchange Server」の深刻な脆弱性、MSがアップデートを開発中

「Microsoft Exchange Server」に権限昇格の脆弱性「PrivExchange」 が見つかった問題で、マイクロソフトは脆弱性を修正するアップデートを開発中であることを明らかにした。緩和策についてもアナウンスしている。

同製品において他ユーザーになりすまし、管理者権限を取得することが可能となる脆弱性が明らかとなったことから、セキュリティアドバイザリをリリースしたもの。

問題の脆弱性は、HTTP経由のNTLM認証においてなりすましが可能となり、管理者権限を取得することが可能となるもの。オンプレミス環境に存在し、「Microsoft Exchange Online」は影響を受けないとしている。

同製品へ高い権限を与えている場合、「Exchange Server」と「Windows」のドメインコントローラにアクセスできるユーザーを侵害することで、ドメイン管理者権限を奪われるリスクについても指摘されている。

(Security NEXT - 2019/02/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Salesforce」のアクセス権限設定で不備 - コナミ関連2社
メールアカウントに不正ログイン、外部宛に不審メール - 拓殖大
「障害解消」の通知装うフィッシング - アカウント確認を口実に偽サイトへ誘導
ランサムウェア「Ryuk」にワーム化した新亜種
中小規模組織向けにエンドポイント保護製品 - カスペ
高校で卒業生の健康診断票が所在不明 - 東京都
米政府、「Exchange Server」の脆弱性対応で緊急指令
ファイル取り違え、ワクチン接種予定者リストを誤送信 - 埼玉県
フィッシングURL、前月比22.9%減 - 報告は4カ月連続で3万件超
訪問代理店が顧客情報を不正取得 - ソフトバンク