Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JSSECら、3月にIoTセキュリティテーマのフォーラムを開催

日本スマートフォンセキュリティ協会(JSSEC)とセキュアIoTプラットフォーム協議会(SIOTP)は、「セキュリティフォーラム2019」を3月14日に都内で開催する。

同フォーラムは、IoTやスマートデバイスに関するセキュリティの動向に興味のある人や、セキュリティ関連業務の従事者、ICTサービスの提供事業者などを対象としたイベント。政府の取り組みである「サイバーセキュリティ月間」の関連行事として開催する。

東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会CISOの坂明氏による基調講演や早稲田大学理工学術院教授の戸川望氏による特別講演「IoT時代の新たな脅威ースパイチップは存在するか」をはじめ、有識者が登壇。閉会後は、交流会が行われる予定。

会場は、東京都文京区の中央大学後楽キャンパス。参加費は無料だが、事前登録が必要。定員は180人で先着順となる。申し込みや詳細はイベント案内ページから。

(Security NEXT - 2019/02/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Interop Tokyo、セキュリティ部門で4製品がアワードを受賞
共用利用オフィスのセキュリティ対策認証制度がスタート
共用オフィスのセキュリティ要件ガイドで新版 - SIOTP協議会
BSIグループとイエラエ、IoTセキュリティ分野で協業
政府、ISP経由で国内Emotet感染者に注意喚起
2020年の攻撃通信パケット、前年比1.5倍 - NICTまとめ
JNSAが選ぶ2020年10大ニュース、気になる1位は……
IoT開発者向けのセキュリティ手引書を公開 - SIOTP協議会
「IoTセキュリティ・セーフティ・フレームワーク」を策定 - 経産省
VirusTotalがIoTマルウェア分類ハッシュ関数「telfhash」を採用