Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

重要インフラセキュリティに関するNIST文書に翻訳版 - IPAが公開

情報処理推進機構(IPA)は、米国国立標準技術研究所(NIST)が発行した「重要インフラのサイバーセキュリティを改善するためのフレームワーク 1.1版」の翻訳版を公開した。

2018年4月に発行された「Framework for Improving Critical Infrastructure Cybersecurity Version 1.1」を翻訳。「重要インフラのサイバーセキュリティを改善するためのフレームワーク 1.1版」として、同機構のウェブサイトで公開したもの。

同機構では、NRIセキュアテクノロジーズと共同で、日本においてニーズが高いと想定されるNISTの発行文書を翻訳。内容についても研究し、日本の実情に則した解説を提供している。

(Security NEXT - 2019/02/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

米同盟やEU、中国支援のサイバー攻撃を批判 - 関係者の訴追も
米政府、サイバー空間の「バッドプラクティス」をリスト化
重要インフラ事業者へランサムウェアについて注意喚起 - NISC
防御演習「CYDERオンライン」ベータ版受講者を募集 - NICT
NISC、「Salesforce」の設定不備について注意喚起
政府がサイバー演習、重要インフラ14分野が参加 - テレワーク環境からも
政府、サイバーセキュリティ協議会の第4期構成員を募集
ランサム被害拡大で重要インフラ事業者に注意喚起 - NISC
財務省、実践的サイバー防御演習の見直し求める
「IoT・5Gセキュリティ総合対策2020を策定」 - 総務省