Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MSの「Skype」サーバや「TFS」に脆弱性 - 定例外で修正

「Team Foundation Server」に判明した「CVE-2019-0646」はXSSの脆弱性。細工されたスクリプトをサーバに送信することで、侵害されたページへアクセスしたユーザーにスクリプトを実行させることが可能となる。

さらに非表示とされるべき変数を適切に処理していないため、情報漏洩が生じる脆弱性「CVE-2019-0647」を解消した。

深刻度は「CVE-2019-0624」「CVE-2019-0646」が4段階中2番目にあたる「重要」。「CVE-2019-0647」は、1段階低い「警告」とレーティングした。

これら脆弱性の悪用可能製指標は、現行バージョン、旧バージョン含め、「悪用される可能性は低い」「影響されない」のいずれかとしている。

(Security NEXT - 2019/01/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

eコマースシステム「EC-CUBE」に2件の脆弱性
ソリトン製ファイル転送アプライアンスに脆弱性 - 早急に対応を
さよなら「Adobe Flash Player」 - 2020年末でサポート終了
アーカイブファイル扱うPEARライブラリに脆弱性 - 「Drupal」も影響
「CentOS 6」がサポート終了 - 影響多大、動作環境ないか確認を
メールセキュ製品「InterScan Messaging Security」に複数の脆弱性
公開情報からネット接続機器を検出、脆弱性を診断するサービス
10月中旬よりWPプラグイン「File Manager」の探索行為が増加
NETGEAR製スイッチの管理画面にCSRFの脆弱性
「JetBrains ToolBox」に深刻な脆弱性 - 開発者とNVDでわかれる評価