Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Intel、Wi-FiソフトからDC向けまで幅広いアップデート

メモリ内のデータやコードを保護する「Intel Software Guard Extensions(Intel SGX)」に関しては、アップデートで脆弱性「CVE-2018-18098」を修正した。「SDK」やソフトウェアのインストールにおいて悪意あるファイルを読み込み、権限の昇格が生じるおそれがあり、重要度は「高(High)」。

あわせて重要度が1段階低い「中(Medium)」とされる情報漏洩「CVE-2018-12155」を修正した。「Intel Integrated Performance Primitives(Intel IPP)」の暗号化ライブラリで情報漏洩が発生するおそれがあるという。

さらに「SSDデータセンター・ツール」の脆弱性「CVE-2018-3703」や、データセンター向けストレージ製品「Optane SSD DC P4800X」の脆弱性「CVE-2018-12166」「CVE-2018-12167」を修正。

同社小型PCの「NUC」の向けにファームウェアのアップデートをリリースし、脆弱性「CVE-2017-3718」へ対応した。いずれも重要度は「中(Medium)」。今回のアップデートを受け、脆弱性情報のポータルサイトであるJVNなども利用者向けに注意喚起を行っている。

(Security NEXT - 2019/01/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Google、「Chrome 103」をリリース - 重要度「クリティカル」の脆弱性に対処
脆弱性1件を修正した「Microsoft Edge 103.0.1264.44」が公開に
2022年における危険な脆弱性タイプのトップ25が明らかに
国家関与の攻撃グループ、早期より「VMware Horizon」「UAG」の「Log4Shell」を標的に
「Cisco ESA」などに深刻な脆弱性 - 認証バイパスのおそれ
「Comodo Antivirus」に脆弱性の指摘 - 研究者が公開
Mozilla、最新ブラウザ「Firefox 102」をリリース - 脆弱性19件を修正
HPE Crayスーパーコンピューターに深刻な脆弱性 - アップデートで修正
MS、「Microsoft Edge 103.0.1264.37」で独自修正した脆弱性を追加 - 評価の逆転現象も
独自の脆弱性修正含む「Microsoft Edge 103.0.1264.37」が公開