Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マイナンバー再委託問題でPマーク認定事業者に注意喚起 - JIPDEC

プライバシーマーク制度を運用する日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)は、契約や法令に反してマイナンバーに関する業務を外部へ再委託する問題が発生していることを受け、Pマーク付与事業者へ注意喚起を行った。

同協会は、マイナンバーを無許可で再委託する行為について、同制度では個人情報の取り扱いに関する事故に該当すると指摘。

委託にあたっては、関係法令を踏まえて委託元の許諾を得たり、再委託先における保護の状況を十分に確認するなど、組織としての対策が求められるとして注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/01/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

事業吸収分割で無関係の口座情報を誤提供 - 新生銀
マイナンバーカードの交付関連書類が所在不明 - 横浜市
マイナンバー含む給与支払報告書を誤送付 - 横浜市
個情委、自治体などのマイナンバー取扱状況を調査 - HDD廃棄や委託なども
口座振替依頼書が一部所在不明、マイナンバーも記載 - 岩倉市
マイナンバー含む共済金の支払調書データを誤廃棄 - JA福井県
マイナンバーのヒヤリハットや漏洩の事例集 - 個情委
紛失や誤送付など個人情報関連事故2件を公表 - 八千代市
個人情報の漏洩や紛失などの報告、2020年度は4141件 - 個情委
マッチングアプリ「Omiai」の会員情報171万件が流出した可能性