Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「サイバーセキュリティ」テーマの小説コンテスト、大賞決定

サイバーセキュリティをテーマとした「サイバーセキュリティ小説コンテスト」の大賞作品が「目つきの悪い女が眼鏡をかけたら美少女だった件」に決定した。

同イベントは、日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)が開催した小説コンテスト。「読めばサイバーセキュリティに興味が湧くような小説」をコンセプトに募集していた。284作品がエントリー。小説投稿サイト「カクヨム」の読者選考を踏まえ、最終選考にのこった6作品から、選考委員が大賞作品を決定した。

大賞作品は、noisy氏の作品「目つきの悪い女が眼鏡をかけたら美少女だった件」に決定。実行委員長の本川祐治氏は、「詳しくない人でもサイバーセキュリティの世界に連れて行ってくれる作品に仕上がっていた」ことや、「ヒロインの可愛さ、ストーリー展開の良さ」が高い評価を得たと、選考の理由を挙げた。

同作品は、KADOKAWAのスニーカー文庫より出版される予定。そのほかスポンサー賞として、半藤一夜氏の「ハクスタジア」がマイクロソフト賞、HerBert氏の「電脳剣客カプリッチオ」がサイボウズ賞、村雲唯円氏の「電子の海のaLiCE」が日立システムズ賞に選出されている。

(Security NEXT - 2018/12/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サイトの脆弱性診断で勝負 - 専門学生向けセキュコンが開催
専門学生対象のセキュリティコンテスト - 課題はサイトの脆弱性調査
「SECCON」と「BSides Tokyo」が講演者の募集を開始
サイバー防御力競う「ハードニング競技会」がグッドデザイン賞
「SECCON CTF」、3年ぶりにリアル開催
東京都、若年層向けにSNSトラブル防止動画コンテストを開催
セキュリティ産業を創出する人材の育成を目指した「SecHack365」 - 個性を伸ばす「しくみ」
「CODE BLUE 2022」、10月にハイブリッド開催 - 今年で10回目
LINE、賞金総額1万ドルのCTFイベントを開催
12月に「SECCON CTF 2021」をオンライン開催 - 賞金総額100万円