Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Amazon FreeRTOS」の複数脆弱性、詳細公表される - コード実行やDoSのおそれ

オープンソースの組込システム向けRTOS(Real Time Operating System)である「FreeRTOS」のTCP/IPスタックや「Amazon FreeRTOS」に複数の脆弱性が見つかった問題で、詳細が公表された。

Zimperiumが、リモートよりコード実行が可能となる脆弱性など13件について技術的な詳細について明らかにしたもの。同社では10月に脆弱性の存在を公表。アップデートが提供されており、一定の対応期間を経たうえで、詳細を説明するとしていた

同社によれば、脆弱性の影響を受けるのは、「FreeRTOS 10.0.1(with FreeRTOS+TCP)」「AWS FreeRTOS 1.3.1」および以前のバージョン。WITTENSTEIN high integrity systemsの「OpenRTOS」および「SafeRTOS」で採用されているTCP/IPコンポーネントの「WHIS Connect」も同様の影響を受けるとされている。

TCP/IPスタックやAWS接続モジュールなどの脆弱性で、これらを利用し、ネットワークへ接続している環境において影響を受けるおそれがある。脆弱性によって影響を受ける内容や大きさは異なるが、リモートからコードを実行されたり、サービス拒否、情報漏洩などが生じるおそれがある。

(Security NEXT - 2018/12/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ソリトン製ファイル転送アプライアンスに脆弱性 - 早急に対応を
さよなら「Adobe Flash Player」 - 2020年末でサポート終了
アーカイブファイル扱うPEARライブラリに脆弱性 - 「Drupal」も影響
「CentOS 6」がサポート終了 - 影響多大、動作環境ないか確認を
メールセキュ製品「InterScan Messaging Security」に複数の脆弱性
公開情報からネット接続機器を検出、脆弱性を診断するサービス
10月中旬よりWPプラグイン「File Manager」の探索行為が増加
NETGEAR製スイッチの管理画面にCSRFの脆弱性
「JetBrains ToolBox」に深刻な脆弱性 - 開発者とNVDでわかれる評価
LINEで意図に反する大量の「グループ招待」「友だち追加」 - バグ検証から拡大か