Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Amazon FreeRTOS」の複数脆弱性、詳細公表される - コード実行やDoSのおそれ

具体的には、モジュール「AWS secure connectivity」において、「mbedTLS」でAPIを誤用する脆弱性「CVE-2018-16528」や、初期化しないポインタを利用する「CVE-2018-16522」など、リモートよりコードの実行が可能となる脆弱性が複数存在。

メモリ破壊の脆弱性「CVE-2018-16526」「CVE-2018-16525」「CVE-2018-16599」「CVE-2018-16601」のほか、「DHCP」「ARP」「ICMP」における情報漏洩、DNSポイズニングなどの脆弱性なども含まれる。

詳細が公表された脆弱性は以下のとおり。

CVE-2018-16522
CVE-2018-16523
CVE-2018-16524
CVE-2018-16525
CVE-2018-16526
CVE-2018-16527
CVE-2018-16528
CVE-2018-16598
CVE-2018-16599
CVE-2018-16600
CVE-2018-16601
CVE-2018-16602
CVE-2018-16603

(Security NEXT - 2018/12/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ソリトン製ファイル転送アプライアンスに脆弱性 - 早急に対応を
さよなら「Adobe Flash Player」 - 2020年末でサポート終了
アーカイブファイル扱うPEARライブラリに脆弱性 - 「Drupal」も影響
「CentOS 6」がサポート終了 - 影響多大、動作環境ないか確認を
メールセキュ製品「InterScan Messaging Security」に複数の脆弱性
公開情報からネット接続機器を検出、脆弱性を診断するサービス
10月中旬よりWPプラグイン「File Manager」の探索行為が増加
NETGEAR製スイッチの管理画面にCSRFの脆弱性
「JetBrains ToolBox」に深刻な脆弱性 - 開発者とNVDでわかれる評価
LINEで意図に反する大量の「グループ招待」「友だち追加」 - バグ検証から拡大か