Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

iOS用「ノートン」に新版 - ローカルVPN利用の不正サイト対策など搭載

くわえて同アプリでは、無線LANの安全性を確認する機能を搭載。暗号化により保護されていないケースやなりすましなど、アクセスポイントとの接続におけるセキュリティをチェックし、問題がある場合は警告を表示する。

20181211_sy_001.jpg
「ノートンモバイルセキュリティ」新版のアイコン

同製品を利用した場合、iOS上でVPNのアイコンが表示されるが、あくまでローカル環境におけるVPN接続のため、インターネットまでの経路は暗号化されない。端末からインターネットへの接続をVPN接続で暗号化したい場合は、別製品である「ノートンWiFiプライバシー」などが必要となる。

そのほか、古いバージョンのiOSを利用した場合に警告する機能や、同社パスワード管理アプリ「ノートンIDセーフ」を呼び出す機能を搭載した。

なお、AppStoreには同名の旧版アプリが同時に公開されている。旧版のライセンスを保有していれば、新版を利用することができるが、機能が変更されているため、注意が必要となる。

(Security NEXT - 2018/12/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化
ユーザー起点のプライバシー対応を支援 - PwCコンサルティング
GRCプラットフォームの新版を提供 - デルテクノロジーズ
SMS認証に入力画面の判別機能 - PayPay
スマートデバイス向けEDRをリリース - サイバーリーズン
PW管理製品に新製品、流出状況のチェック機能 - エフセキュア
リモート環境のセキュリティ診断サービスを開始 - セキュアワークス
「タチコマ」コラボのAndroid向けセキュリティアプリ - NICTが実証実験
「カメラ制限」で実証実験 - スマホ持込許可しつつリスク低減
IoTのセキュリティ対策をトータルに支援するサービス - 富士通SSL