Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

若年層向けセキュリティ啓発コンクール、標語やマンガなど受賞作品が決定

情報処理推進機構(IPA)は、「ひろげよう情報モラル・セキュリティコンクール 2018」の受賞作品を発表した。

同イベントは、若年層の情報モラルと情報セキュリティに対する意識向上を目的として企画されたコンクール。2006年から実施しており、今回で14回目。

小学生から高校生までを対象に、標語、ポスター、4コママンガなどを募集。標語5万5524点、ポスター5421点、4コママンガ7292点、書写2395点、活動事例21点のあわせて7万653点の作品が寄せられた。

これらの応募作品のなかから、最優秀賞3作品および優秀賞9作品、書写賞6作品を選出。コンクールの協力企業による優秀作品の表彰も含め、受賞作品の総数は405点となった。

標語部門の最優秀作品は、大阪府の高校2年生郷司篤希さんの作品「つぶやきが 自分をおいて 一人旅」に決定した。ポスター部門は鹿児島県の高校3年生杉薗はるなさん、4コママンガ部門は東京都の中学1年生阿部遥香さんの作品が受賞した。受賞作品は、同機構のウェブサイトより閲覧できる。

また、情報モラルやセキュリティに関するすぐれた取り組みを行った学校に対し、文部科学大臣賞と優秀活動事例賞を授与した。

(Security NEXT - 2018/12/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

12月に「SECCON CTF 2021」をオンライン開催 - 賞金総額100万円
セキュリティ啓発動画のコンテスト開催 - トレンド
応募企画を実現、セキュリティコンテスト「SECCONCON」開催
ネットトラブル防止を呼びかける標語を募集 - 兵庫県
防衛省、セキュ人材発掘を目的にオンラインCTFを開催
初心者もOK、スマートシティ題材のハッキングコンテスト - 締切間近
シンポジウム「SECCON 2020電脳会議」が12月19日に開催
中国で脆弱性を発見する国際コンテスト - 11製品で脆弱性が明らかに
高等専門学校向けのセキュリティコンテストを11月に開催
専門学校生対象のコンテスト - テーマは「サイト運営会社向けセキュリティ教育」