Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

米政府、「SamSam」関係者を起訴 - 攻撃前にダークウェブで資格情報を調達

米司法省は、ランサムウェア「SamSam」に関連し、イラン人男性2人を起訴した。また米国土安全保障省が同マルウェアの解析情報を公開し、注意を呼びかけている。

同マルウェアは、ファイルを暗号化し、復号化を条件に金銭を要求するランサムウェア。不特定多数を対象として無差別にばらまく攻撃ではなく、標的を絞った感染活動で知られている。

対象組織のネットワーク全体を標的とし、攻撃を成功させるために攻撃ごと手法を変化。執拗な感染活動が特徴。

不特定多数を狙う多くのランサムウェアに比べ、身代金の要求額も数万ドル規模と大きい。

(Security NEXT - 2018/12/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

髙野総合Gへのランサム攻撃 - 通信機器の設定ミスに起因か
症例情報登録システムがランサム被害、症例情報一時利用できず - 量研
端末49台がマルウェア感染、ランサムと異なる手法 - 富士通
「PHP」の脆弱性、国内でも被害発生 - IPAが注意喚起
約42万件の個人情報が委託先から流出、ランサム被害で - 豊田市
住民税決定通知書のデータ約15万件が外部流出 - 和歌山市
徳島県、委託先から個人情報約14.5万件が流出 - 削除報告受けるもデータ残存
「Cobalt Strike」不正利用対策で国際作戦 - 攻撃元IPアドレスを封鎖
ルーマニア拠点にサイバー攻撃、影響などを解析 - NTTデータグループ
角川ドワンゴ学園の生徒や保護者情報も流出か - KADOKAWAが報告