Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTコムとFFRI、高度セキュリティ人材の育成で新会社

NTTコミュニケーションズとFFRIは、サイバーセキュリティに関する教育や研修の実施、研究開発などを行う新会社「エヌ・エフ・ラボラトリーズ」を設立することで合意した。

新会社では、NTTコムの持つCSIRT(Computer Security Incident Response Team)やセキュリティオペレーションセンター(SOC)運用のノウハウ、FFRIの研究開発や技術力などを活用。共同で進める研究開発やビジネスを通じた高度なセキュリティ人材の育成に取り組むとしている。

資本金は2億円で出資比率はNTTコム60%、FFRIが40%。2019年1月に設立し、4月より営業を開始する予定。

新会社の代表には、NTTコムのセキュリティ・エバンジェリストで同社情報セキュリティ部の部長を務める小山覚氏が兼任の形で就任。営業開始時は、約20人ほどの従業員数規模となる見込み。

(Security NEXT - 2018/11/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「AI」の安全性に対する評価手法を検討する機関を設立 - IPA
ネット偽情報対策の取り組みに関する意見を募集 - 総務省
SecHack365の成果発表会を3月に開催 - ワークショップなども
次年度開催に向けて「SecHack365」がオンライン説明会
アジア版セキュキャン「GCC 2024」、2024年2月にタイで開催
「CYNEXアライアンス」が発足、 産官学とデータの共同分析や人材育成を推進
メタバース内に「警視庁サイバーセキュリティセンター」を開設
「CODE BLUE 2023」のタイムテーブル - 脆弱性関連の講演充実
「ICTサイバーセキュリティ総合対策2023」を公表 - 総務省
地方金融機関の7割、セキュリティリスクを評価できる人材が不足