Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

AIG損保、米本社開発のサイバーリスク評価サービス - 保険料には影響せず

AIG損害保険は、12月をめどにセキュリティにおけるリスクを、問診ベースで診断する無料サービスを開始する。

同サービスは、ヒアリングベースでセキュリティリスクの簡易アセスメントを行うサービス。米AIGが開発したもので、業種や規模、回答内容によって設問数が変化するが、30から200の設問が用意されているという。

同社代理店などを通じてヒアリングシートを提供。同社へ提出することで評価、分析を実施。契約者に対しては8ページの詳細レポート、契約者以外には3ページの概要レポートを提出する。いずれも無料サービスとなる。

いわゆる「サイバー保険」では、事前告知を求めるケースも多いが、同サービスによるアセスメントの結果については、保険の引き受け、保険料の割増、割引などへの影響はないとしている。

20181128_ai_002.jpg
レポートのサンプル(画像:AIG)

(Security NEXT - 2018/11/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

レノボ、テレワーク保険を付帯した「ThinkPad」シリーズを発売
日本年金機構や「ねんきんネット」を装うフィッシングに注意
昨年12月に判明した個人情報紛失を公表 - 協会けんぽ
コロナ関連通知書の裏面に別人情報、誤って両面印刷 - 船橋市
「情報セキュリティ文化賞」受賞者6名を発表 - 情報セ大
複数ソースのログを分析、課題と対策をレポートするサービス - 網屋
コピー機で顧客情報混ざり、外部に配布 - ニチイ学館
UTMにオンサイト対応を付帯した中小企業向けサービス - CSP
2021年の上場関連企業の個人情報事故は137件 - TSRまとめ
障害福祉関連の個人情報をサイトで誤公開 - 越前市