Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

AIG損保、米本社開発のサイバーリスク評価サービス - 保険料には影響せず

AIG損害保険は、12月をめどにセキュリティにおけるリスクを、問診ベースで診断する無料サービスを開始する。

同サービスは、ヒアリングベースでセキュリティリスクの簡易アセスメントを行うサービス。米AIGが開発したもので、業種や規模、回答内容によって設問数が変化するが、30から200の設問が用意されているという。

同社代理店などを通じてヒアリングシートを提供。同社へ提出することで評価、分析を実施。契約者に対しては8ページの詳細レポート、契約者以外には3ページの概要レポートを提出する。いずれも無料サービスとなる。

いわゆる「サイバー保険」では、事前告知を求めるケースも多いが、同サービスによるアセスメントの結果については、保険の引き受け、保険料の割増、割引などへの影響はないとしている。

20181128_ai_002.jpg
レポートのサンプル(画像:AIG)

(Security NEXT - 2018/11/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ネット利用者半数超、パスワード文字数「8文字以下で安全」
eスポーツ主催者向けに保険、サイバー攻撃にも対応 - 東京海上日動
保険証券システムで他契約者情報が閲覧可能 - 日本ワイド少額短期保険
TMI P&Sと東京海上日動、サイバーリスク保険分野で提携
サイバー保険付帯した新規開業税理士向け業務ソフト - エプソン
新コロ対策の助成金や補助金など装うフィッシングに警戒を
MS&ADとベライゾン、中小企業向けにリスク診断サービス
個人情報含む書類を紛失、誤廃棄の可能性 - 大阪府
損ジャと日立ソ、IoTセキュリティ分野で協業
保健所で感染症法関連書類の誤送付が発生 - 大阪府