Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

シスコ、大学など5校にセキュリティ人材育成プログラムを提供

シスコシステムズは、セキュリティ人材の育成を目的に大学や高等専門学校5校と連携し、「サイバーセキュリティスカラシッププログラム」を、各校の授業で展開する。

同プログラムの基礎コースである「CCNA Cyber Operationsコース」を、連携校である東北大学、大阪大学、慶応義塾大学、高知工業高専、佐世保工業高校の5校において、授業のカリキュラムとして活用。

「CCNA Cyber Operations」は、SOC担当者として最低限必要なセキュリティイベントのモニタリング、検出、調査、分析、対応などの知識とスキルを認定する資格。今回授業に取り入れられるコースは、同資格の取得に向けたトレーニングとなっている。

同社では、連携校の学生に学習教材や演習環境を提供するとともに、教員向けにサイバーセキュリティのインストラクターになるためのトレーニングについても提供していく。

(Security NEXT - 2018/11/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

財務省、実践的サイバー防御演習の見直し求める
「IoT・5Gセキュリティ総合対策2020を策定」 - 総務省
「SecHack365 2020」、まもなく参加応募を受付開始
25.4%が新コロ対応でテレワーク - 企業規模で大きな差
「SecHack365 2020」の募集詳細、4月15日ごろ公開予定
3割超の企業、IIoT/OTでセキュリティ上の危険を感じたり事故を経験
マンガでセキュ啓発、プロジェクト始動 - JNSA
CISO設置組織も半数超はセキュリティの事業リスクを未評価
「SecBoK人材スキルマップ 2019年版」の英語版を公開 - JNSA
人材スキルマップ「SecBoK」が改定 - タスクやロールにもフォーカス