Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Avastに新版、フィッシング対策や機密データ保護を強化

Avast Softwareは、コンシューマー向けセキュリティ対策ソフトの2019年版を提供開始した。無償版と有償版を用意している。

最新版ではフィッシングサイトの検出機能を強化。疑わしいトークンやドメインのメタ情報、ウェブサイトの視覚面から検証を実施するという。

またプレゼンテーションなど全画面表示のアプリケーション実行時に、OSや他アプリケーションの通知を抑制するサイレントモードを追加した。

さらにネットワーク上のデバイスや脆弱性をスキャンできる機能「Wi-Fi Inspector」において、デバイスの認識や脆弱性についてより詳細を把握することができるよう改善。

有償版では、あらかじめ指定した機密ファイルについて、権限を持たない第三者やマルウェアによるファイルの閲覧や変更を防止する機能「機密データシールド」を用意した。

「Avast Free Antivirus」は無料で提供し、1ライセンスを1年間できる有償版は「Avast Internet Security」が4480円。「Avast Premier」が5980円。「Avast Ultimate」が8980円。

(Security NEXT - 2018/10/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ノートン360」の上位製品に個人情報流出の通知機能
法人向けESETエンドポイント製品のWindows版に新版 - 暗号化製品も追加
コンシューマー向けESET製品に新版 - キヤノンMJ
「Acronis True Image 2021」が登場 - 上位版にマルウェア対策機能
コンシューマー向けパスワード管理製品を発売 - カスペ
PW管理製品に新製品、流出状況のチェック機能 - エフセキュア
B2C事業者向けIDアクセス管理ソリューションに新版 - GDPRに対応
「ウイルスバスター」に新版 - リスト非依存の不正サイト判別機能を追加
個人向けバックアップソフトに新版 - クラウドへの自動コピーに対応
個人向けダークウェブ監視ソフトが登場 - 発見時に警告やアドバイス