Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

精鋭ハッカー部隊「レッドチーム」で堅牢性向上図るMS - 秘密の舞台裏に迫る

「レッドチーム」が設置されたのは2015年。すでに約3年が経過したが、これまで実際のメンバーがメディアへ露出するケースは、非常に少ない。

20181012_ms_002.jpg
David Watson氏

秘密のベールに包まれている同チームについて、本誌では今回国内ではじめて直接取材をする機会を得た。

とはいえ、セキュリティ上、詳細を明かせない部分も多い。構成メンバーは5人から10人、一部メンバーは氏名を非公開としている。

米ワシントン州にあるレドモンドの同社本社を中心に活動しているが、スウェーデンにもメンバーが在住するなど、ワールドワイドにメンバーが点在している。

今回の取材では、レッドチームの統括責任者であるDavid Watson氏をはじめ、主要メンバーが応じてくれた。

(Security NEXT - 2018/10/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

FireEyeの調査ツールが盗難、国家支援受ける攻撃者の手に - 対策ツールを公開
「パープルチーム」によるコンサルにも対応したペネトレサービス
NTTコムへの不正アクセス、BYOD端末からも
デジタルハーツHDとラック、脅威ベースペネトレ事業で合弁
脅威ベースのペネトレ支援サービスを開始 - NTTデータ先技
「REDチームサイバー演習サービス」を開始 - ニュートン・コンサル
ファイア・アイ、疑似攻撃による評価サービス - IoT機器などにも対応
PwC、模擬標的型攻撃による演習サービスをリリース