Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Windows 10」利用者が5割超に - 一方で旧版アプリを半数以上が利用

20181009_av_001.jpg
アップデートが未実施となっているソフトの上位10製品(表:Avast)

「Windows 10」においてサポート対象外のバージョンを利用しているケースは5%。「Windows 7」でサポート対象外のRTM版が利用されている割合は1.4%だった。

OS上へ導入しているソフトウェアのアップデート状況に関しては、最新版を利用していないケースが国内外いずれも55%と半数を超える。

ソフトウェアごとにアップデートが未実施となっている割合を比較すると、「Skype」が95%で最多。「Adobe Shockwave」が同じく95%で僅差で続く。

「Java(94%)」「VLC(91%)」についても9割以上がアップデートを実施されていなかったという。

また2017年にサポートを終了した「Microsoft Office Enterprise 2007」に関しても15%でインストールされたままだった。

(Security NEXT - 2018/10/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

まもなくGW - 長期休暇に備えてセキュリティ対策の再確認を
2024年1Qのセキュ相談、「サポート詐欺」「不正ログイン」が過去最多
セキュリティ相談、前四半期比46.9%増 - 「偽警告」が倍増
先週注目された記事(2024年3月31日〜2024年4月6日)
サイバー攻撃で狙われ、悪用される「正規アカウント」
1年で不正サイトへのアクセス7億件をブロック - 前年から4割増
先週の注目記事(2024年2月25日〜2024年3月2日)
サポート詐欺への対応不備で長野県教委に行政指導 - 個情委
「サイバーセキュリティ月間2024」がスタート - 「全員参加」を呼びかけ
JNSA、2023年10大ニュースを発表 - 事件事故の背景に共通項も