Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Windows 10」利用者が5割超に - 一方で旧版アプリを半数以上が利用

国内においてコンシューマーにおける「Windows 10」の利用が海外を11ポイント上回り、5割を超えることがわかった。一方でアップデートをせずに古いソフトウェアを利用するケースも半数を超えている。

Avast Softwareが2018年上半期において、同社製品を導入する世界1億6000万人以上を対象にコンピュータの利用状況を調査したもの。国内ユーザー約200万人も含まれる。

ノートパソコンの使用率は、ワールドワイドで66%、国内で58%。国内はデスクトップの使用率が世界平均より高い結果となった。使用年数は平均6年で、国内外で大きな差は見られない。

国内において、利用する「Windows」の割合を見ると、「Windows 10」が51%でトップ。40%だったワールドワイドを11ポイント上回る結果となった。

2020年にサポートが終了する「Windows 7」が35%で続き、あわせると86%を占める。一方でサポート終了している「Windows XP(3%)」「Windows Vista(2%)」などもいまだ利用されていた。

20181009_av_002.jpg
利用する「Windows」の割合(グラフ:Avast)

(Security NEXT - 2018/10/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

政府、ISP経由で国内Emotet感染者に注意喚起
2020年4Qの脆弱性登録は1423件 - 前年同期の3分の1
「Emotet」相談、引き続き高い水準 - 偽脅迫メールは増加
都が中小企業セキュ対策であらたな支援事業 - 試験的に機器設置、インシデント対応もサポート
VirusTotalがIoTマルウェア分類ハッシュ関数「telfhash」を採用
「TCP 445番ポート」宛てのパケットが増加傾向 - JPCERT/CC観測
2020年3Qの脆弱性登録は3082件 - 前四半期から1197件減
大量スパム配信から「Emotet」に攻撃トレンドがシフト - OS非標準のzip暗号化で検知回避か
セキュリティ相談が1.8倍に - 「Emotet」関連や「不正ログイン」相談が急増
米政府、中国関与のサイバー攻撃で利用された脆弱性25件を公表