Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

外部委託先を6割弱が「Excel」で管理 - 「紙」は31.9%

外部委託先の管理に6割弱が「Excel」を使用していることがわかった。紙を用いるケースも3割におよぶという。

GRCSが外部委託先管理に関して20代から60代の男女を対象にアンケート調査を実施し、結果を発表したもの。8月15日から16日にかけてインターネット上で実施し、551人が回答した。

あらかじめ用意された選択肢から委託先管理の課題を回答する設問では、28.5%が特に課題は感じていないと回答。

一方、7割は何らかの課題を感じており、「リスクの可視化が困難」を42.6%が選択した。

20180928_gc_001.jpg
委託先管理で感じている課題(グラフ:GRCS)

(Security NEXT - 2018/09/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

自治体におけるマイナンバー取扱状況を公表 - 個情委
テレワークで機密情報の特例持出が増加 - ルール遵守、半数近くが「自己確認」のみ
大企業の4社に1社、CISO同等ポジションを未設置
4割弱の中小企業、改正個情法の内容「知らない」 - 4社に3社は漏洩報告義務把握せず
2021年度の個人情報漏洩などの報告は6000件弱 - 4件に1件が不正アクセス
中小企業の3分の1、直近3年間のセキュ投資ゼロ - 「必要性を感じない」
改正個人情報保護法へ対応、施行時点で1割強が未対応
ECサイトの情報流出被害、4割で1000万円超 - 責任範囲や技術の理解乏しく
約8割がスマホアプリ開発時などにセキュ対策 - 「自信ない」との声も
中小企業の個人情報安全管理コスト、年10万未満が6割強