Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Zaif」への不正アクセス、被害額を約70億円に修正 - 送金先アドレスから推計

テックビューロが運営する仮想通貨取引所「Zaif」が不正アクセスを受け、仮想通貨が不正に引き出された問題で、同社は9月21日に被害額を修正し、当初発表より約3億円多い約70億円相当にのぼることを明らかにした。

今回の不正アクセスは、9月14日17時ごろから同日19時ごろにかけて、入出金用のホットウォレットを管理するサーバが外部からの不正アクセスを受け、「Bitcoin」「Bitcoin Cash」「Monacoin」が不正に出金されたもの。その後の調査により詳細な被害額が判明した。

不正送金額は、「Bitcoin」が5966.1BTCで、9月18日の終値で換算すると約42億5000万円にのぼる。「Bitcoin Cash」が4万2327.1BCH(約21億1000万円)、「Monacoin」が623万6810.1MONA(約6億7000万円)で、総額は日本円に換算すると約70億3000万円にのぼる。顧客の預り資産は約45億9000万円だった。

被害額はいずれも、盗難された仮想通貨の送金先アドレスに入金があった数量から推計したものとしており、サーバの復旧により正確な被害額が判明した場合は訂正する予定。

(Security NEXT - 2018/09/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ランサムDDoS」を国内で観測 - 支払有無で結果変わらず
「お名前.com」管理ツールに脆弱性、顧客2件で不正アクセス
コインチェックのドメイン管理に不正アクセス - 改ざんで顧客メール窃取か
コインチェック、情報流出懸念の対象件数を修正 - 送金サービスを再開
ビットバンクでもドメイン情報改ざん - 取引所とは別ドメイン
対「Struts 2」の脆弱性攻撃が発生、目的はマイニング - さらなる悪用増加に要警戒
資格情報サイトの顧客DBにランサム攻撃 - 情報流出の可能性
「DDoS攻撃」の脅迫メール、国内組織にも - 新手法も活用
仮想通貨約35億円分が流出 - ビットポイント
BPJの被害は約32.7億円、秘密鍵奪われ - 退避試みるも9割超流出