Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Android端末を狙うクラウド型マルウェアサービス「MaaS」 - アクセシビリティ機能を悪用

Android端末を標的としたボットのインフラを提供する「MaaS(Malware as a Service)」の「Black Rose Lucy」が確認された。

同ツールを確認したCheck Point Software Technologiesによれば、「The Lucy Gang」と呼ばれるロシア語を話すグループが、マルウェアや感染端末を管理するためのダッシュボードといったインフラをサービスとして展開する動きを確認したという。サービスの初期段階と見られ、攻撃グループなどに紹介されていると見られる。

「Black Rose Lucy」は、Android端末向けのアプリである「Black Rose Dropper」と、利用者向けのダッシュボード「Lucy Loader」で構成されており、インタフェースは、英語、トルコ語、ロシア語など複数言語をサポート。

「Black Rose Dropper」は、Android端末においてデータを収集するほか、コマンド&コントロール(C&C)サーバの命令を受信。ダッシュボードにアップロードされたマルウェアを感染端末へ展開するためのドロッパーとしても機能するという。

20180921_cp_001.jpg
ダッシュボードの「Lucy Loader」(画像:Check Point)

(Security NEXT - 2018/09/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Box」がマルウェア対策を強化 - 機械学習ベースの検知に対応
広く活用されるnpmパッケージ「UAParser.js」にマルウェア混入
不正アクセスで約57万件の迷惑メール送信 - 群大
個別の脅威調査に応じるチケット制サービス - カスペルスキー
個人用ESETに新バージョン - 上位Windows版にクラウドサンドボックス
セキュリティ関連の相談、前四半期比44.6%減
「TCP 6379番ポート」宛てのパケットが増加傾向 - JPCERT/CC観測
Sophos製のセカンドオピニオン用マルウェア駆除ソフトに脆弱性
マルウェア対策やアクセス制御などモバイル向けソリューションを展開 - Jamf
2021年3Qはインシデントが約25.9%増 - 「サイト改ざん」が倍増