Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「スリープモードは脆弱」 - HDD暗号化済みPC内部へアクセス可能となる問題が判明

同社は、紛失や盗難によって攻撃者が物理的に端末を入手し、脆弱性を悪用することで内部のデータにアクセスが可能になると指摘。端末から資格情報などが取得された場合、組織内部のネットワークに侵入するために悪用されるといったリスクも想定される。

同社では、DellやLenovo、Appleのノートパソコンに対してテストを行ったが、いずれも攻撃が可能だったと説明。今回の問題についてIntel、Microsoft、Appleと情報を共有しているが、対策までに時間がかかるとの見通しを示した。

ただしAppleに関しては、最新端末で採用したT2チップでハードウェアベースの対策を講じており、同チップの非搭載端末が影響を受けるという。

攻撃を防ぐための対策としては、端末をスリープモードへ移行させるのではなく、シャットダウンするよう構成を変更し、「Windows 10」の暗号化機能「Bitlocker」において、PIN入力を求めるよう設定を変更することを紹介。

また脅威について従業員へ周知し、端末の盗難や紛失が発生した場合、迅速にアクセス権限の無効化が行えるよう、インシデント対応計画を策定しておくことを挙げている。

(Security NEXT - 2018/09/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

公開情報からネット接続機器を検出、脆弱性を診断するサービス
10月中旬よりWPプラグイン「File Manager」の探索行為が増加
NETGEAR製スイッチの管理画面にCSRFの脆弱性
「JetBrains ToolBox」に深刻な脆弱性 - 開発者とNVDでわかれる評価
LINEで意図に反する大量の「グループ招待」「友だち追加」 - バグ検証から拡大か
「Drupal」にRCE脆弱性 - アップロードされたファイルの確認も
エプソン製品のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
VMwareのアクセス管理製品に深刻な脆弱性 - パッチは準備中
「ウイルスバスター for Mac」旧版に複数脆弱性
Google、「Chrome 87」で33件のセキュリティに関する修正を実施