Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ログ解析を1日2回とすることで価格抑えたSOCサービス - IIJ

インターネットイニシアティブは、ログ解析を1日2回とすることで従来サービスより価格を抑えた「IIJ C-SOCサービスベーシック」を10月1日より提供開始する。

同サービスは、セキュリティ機器から収集したアラートやログを分析し、インシデントの検知や対応を行う「IIJ C-SOCサービス」の廉価版。収集したログの解析を1日2回に抑えることでフルタイムのサービスに対して月額料金を約50%から60%に抑えた。

セキュリティポリシーやシステムの重要度からフルタイムの対応が不要な組織向けに提供。メールやチケットにより、インシデント発生の有無を通知する。

インシデントを検知した場合は対策を提示し、対象となる同社サービスに対して必要に応じて設定の変更を行う。対応時間は平日の9時から17時半。料金は月額29万9000円から。

(Security NEXT - 2018/09/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

富士通とトレンド、コネクテッドカーのセキュリティ対策で協業
セキュリティ運用サービスをリニューアル、EDRのログ監視に対応 - セキュアヴェイル
クロスポイントとサイバーリーズン、EDRを活用したSOCサービス
顧客判断待たずに初動対応するSOCサービス - ログによるさかのぼり調査も
パナソニックとマカフィー、自動車SOCを共同構築
ラック、「ゼロトラスト時代のSOC構築と運用ガイドライン」を公開
セキュ運用連携サービスで蓄積したデータを研究用に提供 - NII
ハイブリッドIT環境向けMSS、SOARを活用 - 富士通
CTCと日立システムズ、セキュリティ分野で協業
SIEM新版「ArcSight 2020」、SOARや脅威ハンティングなど機能強化