Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

インシデント対応体制を評価する新サービス - サイバーリーズン

サイバーリーズン・ジャパンは、組織におけるセキュリティインシデント発生時の体制を評価する「インシデントレスポンス態勢評価サービス」を提供開始した。

同サービスは、同社のグローバルSOCによる知見や、「ISO 27001」や「NIST SP800-171」などの規格を踏まえて開発した独自の評価ツールを用いて組織のインシデントレスポンス体制を評価するソリューション。

実際にインシデントが発生した場合に、滞りなく対応できるか評価。特定した課題に応じて、ロードマップをはじめ、セキュリティ施策の策定に向けた情報を提供する。

(Security NEXT - 2021/11/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Akamai、WAFとAPI防御を統合したWAAP「App & API Protector」を発表
サプライチェーンのセキュリティ評価サービス - NRIセキュア
VPN接続してネットワーク内のIoT機器リスクを可視化するサービス
JIPDEC、JCAN証明書発行事業をGMOグローバルサインに譲渡
脆弱IoT機器の発見管理技術を共同研究 - ゼロゼロワンと横国大
攻撃プランを自動生成する脆弱性評価用の模擬攻撃ツール - OSSで公開
VPN機器や端末などテレワーク環境のセキュリティを評価するサービス
「Azure」のセキュリティ対策やコストを診断 - 日商エレ
重要インフラ向けにリモート訓練サービス - 日立
グローバル拠点のサイバーリスクを評価するサービス - 東京海上日動