Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カード会員向けサイトにPWリスト攻撃、アカウント945件がログイン許す - アプラス

アプラスが提供するクレジットカード会員向けウェブサービス「NETstation*APLUS」の一部アカウントにおいて、本人以外の第三者による不正ログインが行われ、会員情報を閲覧された可能性があることがわかった。

親会社であるアプラスフィナンシャルによれば、8月19日から23日にかけて、同サービスで第三者が本人のアカウント情報を用いて不正にログインする被害が発生したもの。アカウント945件がログインを許し、氏名を閲覧された可能性があるという。

くわえてこのうち939件ではメールアドレス、最大298件では口座情報、12件では自宅の住所、電話番号、携帯電話番号、会員番号、7件では家族会員の氏名が閲覧された可能性がある。

本誌の取材に対し、同社は今回の不正アクセスについて、ログインの試行回数と成功回数の割合から、攻撃者が何らかの方法で入手したアカウント情報を用いる「パスワードリスト攻撃」だったと説明。同社経由の情報流出について否定した。ただし、具体的な試行回数についてはコメントを避けている。

今回の問題を受けて同社は、不正アクセスの発信元となった特定IPアドレスからのアクセスを遮断。不正ログインされたアカウントについては停止し、利用者に再登録を要請している。

(Security NEXT - 2018/08/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「KLab ID」で約3000件の不正ログイン - 2段階認証を必須化
LINEのQRコードログインに2要素認証バイパスの脆弱性 - 悪用被害も
モバイルアプリ向けに不正検知SDKを提供 - セキュアブレイン
「KLab ID」で不正ログイン - 新規登録機能で攻撃対象を絞り込み
なりすましによる不正ログインを確認 - TSUTAYA
約1万件の契約者IDで不正ログイン - セゾン自動車火災保険
ディノス通販サイトに1605回のログイン試行 - 41件で不正ログイン
フィッシング被害者などで不正取引が発生 - レイクALSA
メールアカウントに不正ログイン、外部宛に不審メール - 拓殖大
「マイナビ転職」にPWリスト攻撃 - 履歴書21万人分に不正ログイン