Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

約4割に「BEC」受信経験 、受信者の8.7%が送金 - 5億円以上のケースも

送金依頼のメールを受信したことがある253人のうち、8.7%にあたる22人が実際に送金していた。

送金した金額を見ると、1000万以上2000万円未満が4人、2000万円以上3000万円未満が3人で続く。また1億円から5億円、5億円から10億円を送金したとの回答も見られた。

送金依頼のメールを受信しつつも送金を未然に防いだことについて、理由を聞いたところ、62.1%が「受信者がなりすましメールであることに気付いた」と回答。「セキュリティ対策製品によってなりすましメールに気付いた」が43.5%で続く。

また、「受信者が本人に確認の連絡をしてなりすましメールであることが判明した(23.3%)」「経理による送金処理プロセスの過程でなりすましメールに気付いた(11.9%)」との回答も見られた。

20180816_tm_002.jpg
送金依頼に応じてしまった回答者の送金金額(グラフ:トレンドマイクロ)

(Security NEXT - 2018/08/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

コロナ禍ではじめて迎える冬期長期休暇 - あらためてセキュ対策の確認を
サイバー攻撃の被害額、8割超が100万円未満 - 日本損保協会調査
2020年3Qの標的型攻撃メールは9件 - 不審メールの情報提供は15倍、大半「Emotet」
フィッシングやなりすましメールをテーマとしたオンラインイベント - JPAAWG
「BEC」に見えた内通者の影 - なりすまされる「リスク」も
巧妙化するBEC、実質被害逃れるも送金前後で気付くケースも
2019年4Qの標的型攻撃メールは47件 - 情報提供の7割が「Emotet」
長期休暇に向けてセキュリティ対策の再確認を
2019年3Qの標的型攻撃メールは113件 - 9割はプラント関連
盆休みと重なるパッチチューズデー - 夏期休暇対策の徹底を