Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

関税強化で対立する米中、サイバー諜報活動に大きな変化は見られず

米国の中国に対する制裁関税をきっかけに、両国間における通商上の緊張が高まっているが、サイバー空間に影響は及んでいないようだ。米FireEyeでCEOを務めるKevin Mandia氏が明らかにした。

20180801_fe_002.jpg
Kevin Mandia氏

米国では、7月に中国からの輸入品818品目に対して関税を課し、さらなる措置として6000品目以上に対する追加関税を検討。一方中国も、報復措置を講じるなど両国間における争いが過熱している。

米国は、関税に踏み切ったと理由として、中国による「知的財産権の侵害」を挙げている。「知的財産」といえば、これまでサイバー空間においても、テクノロジー関連企業を標的としたスパイ活動がたびたび報告され、人民解放軍や政府より支援を受けた組織の関与が疑われている。

300人以上のインシデント調査の担当者を有するFireEyeでは、2017年に600件超、20万時間以上の調査を実施しており、取得したエビデンスをもとに攻撃元の特定を進めているが、Mandia氏は、中国との関連が疑われるグループは、同社が把握しただけで72に及んでいると指摘する。

(Security NEXT - 2018/08/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

米政府、中国関与のサイバー攻撃で利用された脆弱性25件を公表
CODE BLUE、全講演者が決定 - 特別講演にAudrey Tang氏
2020年2Q、「Portmap」悪用のリフレクション攻撃が増加
データ保護の責任所在 - 日本とアジア地域にギャップ
3月に国内ホストのフィッシングサイトが急増 - RSA
マルウェア遭遇リスク、日本は世界で下から8番目
標的型攻撃のレスキュー支援、2019年度は139件
不正送金マルウェア - 企業狙いへシフトか
「BEC」に見えた内通者の影 - なりすまされる「リスク」も
「SQL Server」の認証試行が10月より急増