Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マルウェア配信担う自己拡大型トロイの木馬に警戒 - 復旧に1億円超えも

「Emotet」は、ライブラリファイルを用いて機能を追加、カスタマイズできるモジュラー型のトロイの木馬。自身の感染を拡大する手法が充実している。

組織へのおもな侵入経路はメールで、外部へのリンクや添付ファイルなどから感染。最新のキャンペーンでは、MS-ISACを装った請求書をはじめ、PayPalの領収書、出荷通知などに見せかけたメールで感染を拡大していた。

さらにモジュールをダウンロードすることで機能を追加し、ネットワークを通じた感染拡大に対応。具体的には、外部ドライブの認証情報よりパスワードを取得。SMB経由で共有ドライブへアクセスしていた。

またパスワードリストを用いてネットワーク内の端末に対して総当たり攻撃を行うことが可能。自身よりスパムを送信するモジュールなども用意されている。

20180731_nc_001.jpg
「Emotet」が感染する流れ(画像:US-CERT)

(Security NEXT - 2018/07/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Emotet」対策でパスワード付きzip添付ファイルのブロックを推奨 - 米政府
米政府、北朝鮮関与「BeagleBoyz」に注意喚起 - 金融機関狙う「FASTCash 2.0」を展開か
米政府、マルウェア「BLINDINGCAN」のIoC情報を公開 - 北朝鮮関与か
標的型メール攻撃で感染する「Konni」に警戒呼びかけ - 米政府
新型コロナ便乗サイバー攻撃、3カ月で40倍
米政府、中国関与「Taidoor」の新情報 - セキュ製品未検知の亜種も
3月に国内ホストのフィッシングサイトが急増 - RSA
国内モバイル端末狙う攻撃が活発化 - 背景に「Roaming Mantis」
パッチ適用で終わらぬ「Pulse Secure」脆弱性 - 数カ月後に侵害されたケースも
2019年4Qのフィッシング、前四半期比1.5倍に - RSA調査