Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マルウェア配信担う自己拡大型トロイの木馬に警戒 - 復旧に1億円超えも

自身でネットワーク内部に拡散する機能なども備えたトロイの木馬「Emotet」への警戒が、米国で呼びかけられている。従来はいわゆる「不正送金マルウェア」だったが、犯罪グループからマルウェアの感染を請け負う「感染インフラ」へシフトし、影響が拡大している。

「Emotet」は、従来オンラインバンキングのアカウント情報などを窃取することで知られてきたトロイの木馬。少なくとも2014年以降、活動を展開しており、ヨーロッパの金融機関をターゲットとしていたことで知られている。

ターゲットを金融機関以外の業界にも広げ、対象地域も拡大してきたが、2017年後半よりさらに他マルウェアを感染させるダウンローダーへと活動をシフトさせている。

米国を中心に政府や地方機関、企業へ影響が拡大しており、地方政府において感染被害が発生。復旧に最大100万ドルを要するなど大きな被害が生じており、7月に入り、米MS-ISACや米国家サイバーセキュリティ通信統合センター(NCCIC)では、ワームのように拡大する「破壊的なマルウェア」として注意喚起に乗り出した。

(Security NEXT - 2018/07/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Pulse Connect Secure」のゼロデイ攻撃に中国支援組織が関与か - FireEye指摘
米政府、マルウェア「TrickBot」展開する標的型攻撃で注意喚起
悪意あるファイル5%増、URLは6割減 - カスペ調査
SolarWinds製品の侵害、米国中心に検出 - 国内でも
SolarWindsのIT管理製品がAPT攻撃の標的に - 巧妙な隠蔽も
「Emotet」対策でパスワード付きzip添付ファイルのブロックを推奨 - 米政府
米政府、北朝鮮関与「BeagleBoyz」に注意喚起 - 金融機関狙う「FASTCash 2.0」を展開か
米政府、マルウェア「BLINDINGCAN」のIoC情報を公開 - 北朝鮮関与か
標的型メール攻撃で感染する「Konni」に警戒呼びかけ - 米政府
新型コロナ便乗サイバー攻撃、3カ月で40倍