Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

職員が偽警告にだまされ電話、周囲が気づきLANを遮断 - 富士見市

埼玉県富士見市は、職員がウェブの閲覧中に偽警告にだまされ、サポートセンターを名乗る番号へ電話したことを明らかにした。周囲が気付き、途中でやり取りを中断したため、被害に遭わなかったという。

同市によれば、10月19日15時半ごろ、子ども未来応援センターの職員が、メールやウェブの閲覧用端末で委託先事業者よりメールで指定されたオンラインストレージのURLを開いたところ、広告をはじめ複数のタブが表示されており、誤って広告をクリックしたところ偽警告が表示されたという。

リンク先では「トロイの木馬」へ感染したかのように見せかける警告が表示され、「サポートセンターに電話してください」といった画面が表示され、内容に従って職員が記載された番号に電話をかけた。

サポートセンターを名乗る人物の指示に従い操作を行っていたが、パスコードを入力する直前で周囲にいた別の職員が異変に気づき、LANケーブルを抜いて通信を中断。電話を切らせたという。

問題の端末より情報流出などは確認されていないが、同市では同端末よりメールの送受信を行ったことのある住民などへ注意喚起を行った。

(Security NEXT - 2023/11/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ランサムリークサイト、年間約4000件の投稿 - 身代金支払うも約2割で反古
ランサムウェア被害のイズミ、完全復旧目標は5月1日
イズミ、ランサム被害で宅配など一部サービスを停止 - 新店舗オープンを延期
サイクリングイベント申込フォームでミス、個人情報が流出 - 倉敷市
コンテスト入賞作品を撤収中に紛失、その後返還 - 鳥取県
事務連絡メールに7468人分の個人情報含む送付先一覧を誤添付 - 大阪市
受講システムで受講者の情報閲覧権限に設定ミス - ラック
行政文書ファイル1冊が所在不明、匿名通報で発覚 - 関東財務局
転職による年収アップ、「セキュリティエンジニア」がトップ
クラウド管理製品「VMware Aria Operations」に権限昇格の脆弱性