Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ツアー申込者のファックスを別会社へ誤送信 - トヨタツーリスト

トヨタツーリストインターナショナルは、個人情報含むツアー申込書を無関係の取引先へ誤ってファックスで送信したことを公表した。

同社によれば、7月2日、パッケージツアーの申込書をツアー手配とは無関係の取引先へファックスで送信したもの。ファックスを受け取った取引先から、依頼元である別の取引先を通じて同社に連絡があり、誤送信が判明した。

申込書には8人分の氏名や住所、自宅や会社の電話番号、携帯電話番号、生年月日、性別、会社名、旅行の情報などが記載されていた。社内の担当部署へファックスすべきものを、短縮ダイヤルを誤って押したことで取引先へ送信されたという。

同社では、誤送信先の取引先を訪問してファックスを回収、廃棄した。また対象となる顧客に説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2018/07/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

クラウド設定ミスで顧客情報が流出 - 楽天グループ3社
不正アクセスで「レール&レンタカー」予約者のメアド流出
高校で実習製品注文者の個人情報をFAX誤送信 - 島根県
顧客情報約21万件含む旧サーバが所在不明 - 都内ホテル
プラセンタ販売サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
「Emotet」に感染、個人情報流出の可能性 - 群馬県社会福祉協議会
「Emotet」に感染、なりすましメールが送信 - 岩出建設
新型コロナ感染症発生届のファックスを誤送信 - 名古屋市
PCR検査申込書の送信先記載にミス、ファックス誤送信が発生 - 群馬県
医療機関向け研修の案内メールで送信ミス - 宇城市