Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

7月のMS月例パッチが公開、脆弱性53件を修正 - 「緊急」は17件

マイクロソフトは、7月の月例セキュリティ更新をリリースし、53件の脆弱性に対処した。悪用は確認されていないものの、一部脆弱性については公開済みだという。

20180711_ms_001.jpg
アップデート情報を確認できるマイクロソフトのセキュリティ更新プログラムガイド

各社が定例のセキュリティアップデートを公開する米時間毎月第2火曜日、いわゆる「パッチチューズデー」にあわせ、セキュリティ更新をリリースしたもの。

同日公開された「Adobe Flash Player」の脆弱性に対しても、ブラウザ同梱版に対してアップデートを実施している。

今回のアップデートを通じて、「Windows」や同社ブラウザの「Internet Explorer」「Microsoft Edge」をはじめ、ウェブアプリを含む「Office」「ChakraCore」「.NET Framework」「ASP.NET」の脆弱性に対応。

さらに「Microsoft Research JavaScript Cryptographyライブラリ」「Skype for Business」「Microsoft Lync」「Microsoft Wireless Display Adapter V2ソフトウェア」「Visual Studio」「Visual Studio Code用PowerShell拡張機能」「PowerShell Editor Services」「Web Customizations for Active Directory Federation Services」などの脆弱性にも対処している。

(Security NEXT - 2018/07/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「XenServer」「Citrix Hypervisor」に脆弱性 - アップデートをリリース
Arubaのネットワーク管理製品「AirWave」に脆弱性
JetBrains製IDE向け「GitHubプラグイン」に脆弱性 - トークン漏洩のおそれ
「Apple Vision Pro」に最新OS - 脆弱性21件を解消
「Microsoft Edge」にアップデート - 脆弱性21件を解消
Veeamのデータ復元調整ツールに脆弱性 - 乗っ取りのおそれ
Adobe10製品に脆弱性、CVSS基本値が最高値も
Windows環境の「PHP」脆弱性、ランサムの標的に - 他脆弱性にも注意
悪用確認されたPHPの脆弱性などに注意喚起 - 米当局
Palo Altoがアドバイザリ4件を公開 - 「Cortex XDR」などに脆弱性