Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Flash Player」にセキュリティアップデート、深刻な脆弱性を解消 - 悪用は未確認

Adobe Systemsは、「Adobe Flash Player」のセキュリティアップデートをリリースし、深刻な脆弱性に対処した。

今回のアップデートは、「Windows」「Mac OS」「Linux」「Chrome OS」において2件の脆弱性に対応するもので、各社が定例のセキュリティアップデートを公開する米時間毎月第2火曜日、いわゆる「パッチチューズデー」にあわせて公開したもの。悪用は確認されていない。

「CVE-2018-5007」は、型の取り違えによりコードを実行されるおそれがある脆弱性で、重要度は3段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」。また1段階低い「重要(Important)」の脆弱性として、域外よりメモリを読み込み、情報漏洩が生じる「CVE-2018-5008」を解消した。

同社では、これら脆弱性を修正した最新版となる「同30.0.0.134」をリリース。「Linux版」を除き、ブラウザ同梱版を含めて適用優先度を、3段階中2番目にあたる「2」とし、30日以内を目安にアップデートするよう推奨。「Linux版」に関しては「3」としており、任意のタイミングで更新を求めている。

20180711_as_001.jpg
脆弱性の影響を受けるAdobe Flash Playerのバージョン(表:Adobe)

(Security NEXT - 2018/07/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「VMware Workstation」などに深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ
【訂正あり】「Oracle Database」にあらたな脆弱性、一部バージョンは7月のパッチで修正済み
「Samba」に5件の脆弱性 - 制御奪取や情報漏洩のおそれ
LinuxカーネルのIPフラグメント処理に脆弱性 - DoS攻撃受けるおそれ
MS、8月の月例パッチ公開 - 脆弱性2件でゼロデイ攻撃
「IKEv1 PSK」のメインモード、オフラインで総当たり攻撃受けるおそれ
Intelチップに脆弱性「Foreshadow」 - クラウドVM間で情報漏洩のおそれも
VMware、脆弱性「Foreshadow」向けにパッチを用意 - 緩和策も
セキュリティアップデート「OpenSSL 1.1.0i」「同1.0.2p」がリリース
「OpenSSL」のRSA鍵生成時に秘密鍵取得されるおそれ - 次期更新で修正予定