Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

パスワードリスト攻撃の事前スクリーニング、大胆なその手口

インターネットであらたなサービスへ登録しようとした際、自分が登録を希望するIDをすでに第三者が使用しており、希望の文字列を利用できずにがっかりした経験がある人も多いだろう。一般的なウェブサイトで日常よく目にする光景だ。

IDにメールアドレスを用いている場合も同様だ。メールアドレスであれば、複数利用者間における重複を避けることができるが、メールアドレスを家族などでシェアしていたり、既存利用者が以前に登録していたことを忘れることもあり、同じメールアドレスで何度も新規登録を行わないようエラーを表示することになる。

攻撃者はこうした機能を逆手に取り、IDとして利用するメールアドレスがすでに登録済みであるか、未登録のIDであるか事前に調べていた。

同社によると、「スクリーニング」行為は、攻撃が始まる約10時間前となる6月2日0時ごろから、アクセスをブロックした11時ごろまで約11時間にわたり続いた。中国を発信元とする特定のIPアドレスよりアクセスが行われていたという。

(Security NEXT - 2018/06/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

PWリスト攻撃が約10万回、約1500件が実在し半数超でログイン許す - ヌーラボ
セシール通販サイトに33件のPWリスト攻撃 - アカウント1件がログイン許す
動画サービス「Hulu」に断続的なPWリスト攻撃
JR九州の会員サイトにPWリスト攻撃 - ポイント交換被害も
岡三オンライン証券にPWリスト攻撃 - 資産売却や出金被害は未確認
LINE利用者のパスワード約7.4万件が特定 - ログイン連携サービスにPWリスト攻撃
SBI証券で偽口座宛に約1億円の不正出金 - PWリスト攻撃増加、警戒中に発覚
IDaaSサービスにPWリスト攻撃対策を追加 - Auth0
ボットアクセスやPWリスト攻撃を遮断するMSS - F5
「Sポイント」会員サイトに約1000万回のログイン試行 - ポイント交換も