Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アナリスト向け国内カンファレンス「JSAC 2019」が開催決定 - 論文募集を開始

開催事務局では、同イベントに向けて論文を広く募集する「Call for Presentation(CFP)」をスタートした。募集テーマは、マルウェアの分析手法や分析事例、検知、分析ツールのほか、フォレンジック調査の手法、分析ツール、インシデント調査の分析や対応事例、脅威インテリジェンスなど幅広い。

CFPの1次募集は6月18日より開始し、締め切りは10月5日。6〜7件を採択する。さらに最新インシデントなどへ対応できるよう、10月9日から12月7日まで2次募集を実施する計画だという。採択数は1〜2件となる見込み。

プログラム選考委員は、新井悠氏(トレンドマイクロ)、中津留勇氏(SecureWorks Japan)、春山敬宏氏(シマンテック)、石丸傑氏(カスペルスキー)、石川芳浩氏(ラック)、鈴木博志氏(インターネットイニシアティブ)、朝長秀誠氏(JPCERT/CC)の7名。

前回は「マルウェア分析」の講演にやや偏りが見られたが、今回はより幅広い内容の講演を採択したい考えだ。論文の執筆経験が少ない技術者に向けて、サンプルも用意するという。

20180618_jp_001.jpg
記者ブリーフィングを行った選考委員。左から石川氏、石丸氏、鈴木氏、中津留氏

(Security NEXT - 2018/06/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュ研究者や実務者向けイベント「JSAC2023」が開催決定 - 講演やWSを募集
Interop Tokyo、6月15日より幕張メッセで開幕 - 今回で第29回目
セキュリティ会議「CODE BLUE」、講演者の募集を開始 - 事前参加登録も
「CODE BLUE 2022」、10月にハイブリッド開催 - 今年で10回目
2月に「制御システムセキュリティカンファレンス 2022」が開催
CSIRT関係者がオンラインで集結、「NCA Annual Conference 2021」が12月に開催
研究者や実務者向けイベント「JSAC 2022」、参加登録受付を開始
CODE BLUE 2021の講演者を発表 - 「ProxyLogon」発見者も登壇
「CODE BLUE 2021」はハイブリッド開催 - CFPも開始
「JSAC2022」を2022年1月に開催、2日間に拡大 - CFPもスタート